TEL
受付時間:平日9:00~17:00078-515-3981

TEL

過去の開催情報

平成31年06月08日(土)14:00~17:00 (参加費無料)
第167回NBK「起業の鉄則研究会」6月例会のご案内 (終了後に懇親会がございます。)

第1部
「キッチンから世界へ f-pzl(エフパズル)の歩み」
講 師:西島 洋美 氏 (株式会社f-pzl 代表取締役)

http://www.f-pzl.com/
テーマ:「キッチンから世界へ f-pzl(エフパズル)の歩み」
概 要:「作りたかったのは世界にも過去にも どこにも無かった何か」

キッチンカンパニー~思いつきでスタートした台所からの起業~
・アイデアの誕生
・経験の引き出しが生きた商品開発
・評価は高いのに認知度が上がらない

<プロフィール>
京都市出身
京都工芸繊維大学工芸学部卒業
小泉産業株式会社照明企画部
自営業で複数起業後
2012年株式会社f-pzl設立

第2部
「ロボットを使ったテレポーテーションで何ができるか」
講 師:クリストファーズ クリスフランシス 氏
(iPresence合同会社 代表 )

https://ipresence.jp/company/

テーマ:「ロボットを使ったテレポーテーションで何ができるか」
概 要:世の中では将来に引き続く人手不足や新サービスの実現のためにロボットの利用が期待されています。
このロボット分野の中には電話のような遠隔コミュニケーションに特化するテレプレゼンスロボットがあります。テレプレゼンスロボットは自分自身の分身として使う事を目的した遠隔操作ロボットになります。
本講演ではテレプレゼンスロボットを使用した弊社テレポーテーションサービスを「ロボットを使ったテレポーテーションで何ができるか」をテーマに紹介します。紹介の中では、ロボットを使った新しい観光体験や人手不足が深刻な介護業界への応用、移動困難な生徒への教育利用を事例と共に紹介します。

<プロフィール>
1980年生まれ (神戸市)。14歳の時に家族で渡英。大きなカルチャーショックを受けつつもイギリスで教育を受ける。高校時代にはサッカー全国大会優勝。19歳の時にインド南部で障害者の子供支援のボランティアとして3ヶ月間過ごし2度目の大きなカルチャーショック。大学では建築を学びその後再度日本へ戻り世界と比較する事で3度目のカルチャーショックを受ける。建築設計事務所、デザイナー、人材コンサルタントとしての仕事を経て世界最大手の外資系ユニファイドコミュニケーションサービス企業の西日本拠点(大阪・名古屋)の立ち上げを行い、年商を7年で40倍に。その間、NPO法人の立ち上げや企業の海外とのビジネス交渉支援等を行う。その後、新たな遠隔コミュニケーション方法であるリモートプレゼンスロボットという概念と出会い、日本初のリモートプレゼンススペシャリスト企業を地元神戸にて立ち上げる。現在、世に新たなコミュニケーションスタイルを広める為に邁進中。
塾長講話 塾長:小林 宏至 氏
株式会社甲南アセット
代表取締役
『塾長講評』

会場
兵庫県神戸市兵庫区大開通2-3-22甲南アセット大開ビル6F
神戸高速「新開地駅」西4番出口すぐ
兵庫郵便局並び

交流会 魚と天ぷら・日本酒「まる天」(会費3,500円)
https://maruten.gorp.jp/
078-599-5310
兵庫区中道通2丁目1-3久保田ビル1F


どなたでもご参加いただけます。
お気軽にお問合せください。

お申し込みはメールかお電話で。
tessoku@kounan-asset.com
TEL:(078)515-3981
080-3398-3505(当日連絡先)
(担当:阪本)

議事録

  • 議事録写真01
  • 議事録写真02
  • 議事録写真03
  • 議事録写真04
  • 議事録写真05
  • 議事録写真06
  • 議事録写真07
  • 議事録写真08
  • 議事録写真09
  • 議事録写真10
  • 議事録写真11
  • 議事録写真12
  • 議事録写真13
  • 議事録写真14
  • 議事録写真15
  • 議事録写真16
令和元年6月8日開催 第167回起業の鉄則研究会 報告書
起業の鉄則研究会(リーダー: 小林宏至副会長)
令和元年6月8日(土) 14 時から本年度第3回目(通算167回目)の起業の鉄則研究会を開催しました。今回はNBK会員様、いつもご参加いただける皆様、初参加の方々、総勢36名にご参加いただき、会場が満席になるほど盛大に行われました。会場は神戸市兵庫区の甲南アセット本社。

◆第1部:「キッチンから世界へ f-pzl(エフパズル)の歩み
作りたかったのは世界にも過去にも どこにも無かった何か」
講師:株式会社f-pzl 代表取締役 西島 洋美 氏
大学を卒業後、就職。立体図を平面図に落とし込む技術を身に着けた。27歳で起業し、その後3度の起業を経験する。こんにゃくの手綱結びがある。真ん中に包丁を入れて、くるっとくぐらせるとユニークな形に変形する。この形をヒントに考えたのが「f-pzl(エフパズル)」。フェルトのレゴで脳トレクラフト。基本の形もつなぎ方も1つだけ。創造力で、どんなものにでも作れることが特徴。柔らかいので、変形が自由自在。「世界にも、過去にも、どこにもなかった何かを創りたい」という夢が実現した。資金調達、素材開発、アイテムの充実、販売促進について企業努力を重ねた。今後はどう普及させていくかが課題である。サンプルを使用して参加者全員が体験でき、それぞれ異なる作品ができあがった。

◆第2部:「ロボットを使ったテレポーテーションで何ができるか」
講師:iPresence合同会社 代表 クリストファーズ クリスフランシス 氏
新たな遠隔コミュニケーション方法であるリモートプレゼンスロボットという概念と出会い、日本発のリモートプレゼンススペシャリスト企業を立ち上げた。電話のような遠隔コミュニケーションに特化したテレプレゼンスロボットを利用したテレポーテーションサービスである。新しい観光体験や人手不足が深刻な介護業界への応用、移動困難な生徒への教育など尼崎で実際に採用されている。モノづくりに費用をかけたいという思いから、デザインにも重点をおき、シンプルな作りのロボットを目指している。ライダーという小型PCを入れ自動運転を行う。結果、鉄板加工ロボットとして悪環境の仕事をこなし、作業員を守ることができる。介護分野では、特定の機能が必要なため、ソフトもハードも自社開発を行っている。
最近ではオフィス内でも使用できる最新ロボット「temi」をイスラエルから輸入。今後は教育分野での利用に注力し、産業用ロボットのシステムプログラミングできる会社として活躍していきたい。

小林宏至塾長からは、今回はアナログとデジタルのお話で、どちらも素晴らしい商品でした。それぞれの長所を生かし、「日本のモノづくり」は、次なる第4次産業革命(AI革命)に立ち向かわなければいけないと心強く思うとお話された。

次回は、2019年7月13日(土)14時から。甲南アセット本社にて開催予定。

議事録を見る

Page Top